つちだよしはる絵本原画展  「ぶっくり図書館」 【同時開催】
 3・11チャリティバザー「くまくんバザー」
  (終了しました ご協力に感謝いたします)
 
   2011年7月30日から庄内町立図書館で、チャリティバザー「くまくんバザー」が始まりました。
最近は直筆の作品販売はほとんど行っていないつちださんですが、今回は庄内町の友好町・南三陸町の震災復旧・復興支援として本を贈ろうと、特別にグッズを制作、庄内町立図書館で販売することにしました。
バザーに出品するグッズは、グラス、ペン立て、皿、大皿の合計44点。
 どれもつちださんが手描きで絵付けをしたものばかり、ファン垂涎のバザーです。
詳細は、下記をご覧ください。たくさんのみなさんのご参加をお待ちしています。
 
     
      3・11チャリティバザー【くまくんバザー】
・グッズは2011/8/26まで図書館内に展示し、買い手を募ります。
・買い手は抽選により決定、抽選者はつちださんです。
(抽選日:2011/8/27)
  ・買い取りをご希望の方は、応募用紙に必要事項を書き込み、2011/8/26までにお申込みください。
     (申込受付は来館のみ。電話・FAX・郵送等での受付は行っておりません)
・原画展開催期間中は、図書館カウンターで「くまくん募金」も受付けています。
・お問い合せは庄内町立図書館TEL.0234-43-3039へ 


 信じること、あきらめないこと、そして思いやる心/ 庄内町立図書館で原画展を開催
 
  今年も庄内町立図書館で原画展を開催するにあたり、つちださんは特別な思いを込めました。
「─信じること、あきらめないこと、そして思いやる心。
 小さな優しさがつづられた絵本が、誰かの小さな一歩に寄り添うことができたら嬉しいです─」

2011年3月11日、東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県南三陸町は、今年で5回目を迎える原画展会場・山形県庄内町の友好町。
今なお不安な日々を過ごしている南三陸町の子どもたちを思い、庄内町の方々といっしょに被災地の復旧・復興を支援するイベントを考えました。
たくさんの小さな優しさを、形にして届けたいと願っています。少しでも多くのみなさんのご参加をお待ちしています。
詳細は、左のポスターをクリック!
 
  原画展詳細
詳細は、左のポスターをクリック!
つちだよしはる絵本原画展「ぶっくり図書館」。ワクワクするようなストーリーは元気と勇気の、心あたたまる物語は励ましのメッセージ。びっくりと、にっこりがあふれる絵本の世界、ぶっくり図書館へようこそ。
とき:2011年7月30日[土]~8月28日[日]9:00~19:00(土日は17:00まで、月曜休館)
ところ:内藤秀因水彩画記念館(入口は図書館と同じ)入場無料

展示作品:近作・最新作の5作品から、約70点
『森のおくりもの』(佼成出版社)、『バレリーナマノン』(佼成出版社)、『せかいでたったひとつのこもりうた』(PHP研究所)、「ふしぎなブックリブック」(ベネッセ・こどもちゃれんじじゃんぷ)、『これからもずっとともだち』(メイト)、「ちいさいなかま(表紙)」(ちいさいなかま社)ほか 
 ワークショップ:
7月30日[土]14:00~「グラスに絵を描こう」(対象:幼稚園以上)
8月27日[土]10:30~「森のリースづくり」(対象:幼稚園以上)
8月27日[土]13:30~「ウェルカムボードを作ろう」(対象:小学生以上)
※ワークショップ申込受付は2011年7月8日[金]9:00から
※申込先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます(各回20名)  ※要申込・参加料

サイン会:7月30日[土]15:00~  8月27日[土]11:30~  8月27日[土]15:00~  ※要整理券 

3・11チャリティー:くまくんバザー
つちださんのグッズを抽選で販売します。抽選会の収益金で本を購入し宮城県南三陸町へ贈ります。
※くまくんバザー抽選会は8月27日[土]14:30~(会場:図書館内)  ※南三陸町は、庄内町の友好町です

311チャリティー:くまくん募金
7月30日[土]、8月27日[土]に開催(会場:図書館内)

同時開催:おはなしらんどポップコーンの読み聞かせ
7月30日[土]13:00~    8月27日[土]10:00~、13:00~

その他のイベント:
鶴岡信用金庫キャラクター着ぐるみ“きっき・くう・みみ”がやってくるよ!  7月30日[土]13:30~

詳細は、左のポスターをクリック!
問い合わせ・申込み:
庄内町立図書館    TEL. 0234-43-3039 FAX. 0234-43-4762
庄内町余目字三人谷地59-1 9:00~19:00(土日は17:00まで) ※月曜休館 
 つちださんが描いたキャラクターが、切手になったよ。
     オリジナルフレーム切手「つちだよしはるの世界」発売中
 
   バオバブの林で、にっこり笑うくまくん、できたてアツアツのアップルパイを運ぶうさぎちゃん、木のてっぺんでお月さまをブラッシング中のネズミくんなど、おなじみのキャラクターがいきいきと描かれた、オリジナルフレーム切手「つちだよしはるの世界」(左の画像)が発売中です。

切手に使われているのはどれも表紙を飾った絵で、つちださんが20数年来描き続けている保育月刊誌「ちいさいなかま」(ちいさいなかま社・刊)の近刊から9点と、幼年童話『いつもなかよし』『おとうさんにおみやげ』(あかね書房・刊)です。

切手はよく使いますか?という質問に、つちださんは「きちんと改まって気持ちを伝えたいときには、必ず手紙を書きます。書いた文字にも感情がこもって、より豊かな表現ができるような気がします。」
 「読者の子どもたちからも手紙をもらいますが、本をたくさん読んでいるせいか、みんな上手ですね」と、つちださん。今回のフレーム切手は子どもたちにも使いやすいよう、ハガキで使用できる50円切手バージョンで作成したそうです。
オリジナルフレーム切手「つちだよしはるの世界」は、3000部の限定販売(販売期間は2011年3月中旬まで)、   1部900円。
お求めは、山形県鶴岡市・酒田市・東田川郡・飽海郡の郵便局(簡易郵便局は除く)の窓口でどうぞ。
■販売期間/2011年3月中旬まで
■販売部数/3000部(3000部になり次第終了)
■仕様/B5、カラー、50円切手×10枚
■販売価格/1シート900円(シート単位で販売)
■制作・販売/郵便局株式会社山形県西部地区連絡会

   
 平成22年度 幼児共育推進事業「幼児共育ふれあい活動」公開講座
幼児共育ふれあい活動 in 新庄
 
 終了しました 
   「家庭」「幼稚園・保育所等」「地域」が連携して幼児期の子どもを育む、『幼児共育(ようじともいく)』。「幼児共育ふれあい活動」は、山形県が県内4地区・5カ所で行っている体験講座です。
20101120日(土)13:0015:00
   最上広域交流センター「ゆめりあ」2階会議室
   (新庄市多門町1-2 TEL.0233-28-8888

1部:楽しい『読み聞かせ会』13:0013:30
NPO法人子育てネットワークバルボンさんによる、つちださんが描いた絵本の読み聞かせ。

2部:『宝物をつくろう!』13:4515:00
10/29申込終了]

つちださんといっしょにお皿に絵を描きます。世界に一つだけの宝物をつくりましょう。
イベントの詳細はこちらから-PDFポスターを参照

 詳細はポスターをクリック!
     主催:山形県教育委員会 共催:新庄市教育委員会
     お問合せ先:最上教育事務所 社会教育課(五十嵐)

    996-0002 新庄市金沢字大道上2034  Tel.0233-29-1442 Fax.0233-23-5573
   

山形県立図書館100周年記念事業   つちだよしはる絵本原画展「くまくん図書館へようこそ」
【 つちだよしはるスペシャルトークも開催】 終了しました

今年100周年を迎えた山形県立図書館の記念事業の1つとして、つちださんの原画展が県立図書館で開催されます。期間中は『きいろいばけつ』上映会、県立図書館の100年のあゆみ、閉架書庫探検、県出身絵本作家の絵本展示など、図書館をもっとよく知るためのイベントや特別展示がいっぱいです。
【開催期間】2010116日(土)~14日(日)
        9:00
19:00 ※月曜休館

【展示会場】山形県立図書館2Fギャラリー 入場無料
【展示作品】

『おとうさん』(小峰書店)
『おじいちゃんのカブづくり』(そうえん社)
14の心をきいて』(PHP研究所)
『くまくんパリへいく』(SPOONの本)
『うんどうかいにいきたいな』(ひかりのくに)ほか
つちださんのふるさとを舞台にした作品など、約30

記念事業の詳細は上のポスターをクリックして ご覧いただけます!

【県立図書館100周年記念事業 つちだよしはるスペシャルトーク】
  「親子でしたしむ絵本と図書館」
ふるさとの原風景を、あたたかくやさしい作風で描き続けてきたつちださんに、子どもたちと本との幸せな出会いや、図書館・学校への期待などについて、お話をうかがいます。
聞き手は、月刊「元編集長の佐藤晶子さん。
11月日(土)>開場/開演/会場:大ホール 
開会行事 記念講演 11:50  ※申込不要・定員 300名
 

【ワークショップ】世界にひとつ。つちださんと絵皿を作ろう
116日(土)13:00  2Fギャラリー対象/幼児以上・30名(無料)